博士論文

2018年度

  • (A01)横山広樹,Measurement of jet spectra reconstructed with charged particles in Pb-Pb collisions at √sNN = 5.02 TeV with the ALICE detector at the LHC, 筑波大学(中條達也)
  • (C01)富田隆文, Quantum Many-Body Dynamics of the Bose-Hubbard System with Articial and Intrinsic Dissipation, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)中村悠介, 原子数射影分光法によるボース・ハバードエネルギーの実験的決定, 京都大学(高橋義朗)
  • (C02)Mondal Soumita, Strong-coupling effects in the BCS-BEC crossover regime of a rare-earth Fermi gas with an orbital Feshbach resonance, 慶應義塾大学 (大橋洋士) 
  • (D01)江添 貴之、Kaon-nucleon systems and the Λ(1405) in the Skyrme model(Skyrme 模型を用いたK中間子核子系及ひ゛Λ(1405)の研究)、大阪大学(保坂 淳) 

修士論文

2018年度

  • (A01)川本悠司,重心系衝突エネルギー 13 TeVの陽子陽子衝突における軽ベクトル中間子前方生成の粒子多重度依存性予備研究, 広島大学(志垣賢太)
  • (A01)川名大地,LHC-ALICE実験 √sNN = 5.02 TeV陽子陽子衝突及び √sNN = 8.16 TeV陽子-鉛衝突における重クォーク起源の電子及びジェットの測定,筑波大学(中條達也)
  • (A01)鈴木刀真,LHC-ALICE実験 √s = 13 TeV陽子陽子衝突における単電子測定法を用いた重クォーク生成の横運動量及び粒子多重度依存性の研究,筑波大学(中條達也)
  • (B02)山田啓貴,中性子過剰核32Neのインビームγ線分光, 東京工業大学 (中村隆司)
  • (B02)松本真由子, 中性子過剰核32Neの非束縛準位の探索, 東京工業大学 (中村隆司)
  • (B02)安田昌弘, 逆転の島境界核のスペクトロスコピー, 東京工業大学 (中村隆司)
  • (B02)澁谷峻,中性子透過率を利用した偏極3He標的の偏極度絶対値の測定,東北大学 (関口仁子)
  • (B02)密本晋治,(p,2p)反応を用いた16Oにおける殻効果の破れの研究,九州大学 (若狭智嗣)
  • (B02)大城久典,中重核における分光学的手段としての偏極陽子によるノックアウト反応の研究,九州大学 (若狭智嗣)
  • (B02)後藤秀兵,偏極陽子を用いた(p,2p)反応測定による40Ca深部一粒子状態の研究,九州大学 (若狭智嗣)
  • (C01)天野良樹, 171Ybの遍歴・局在2軌道系における スピン交換ダイナミクスの観測, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)奥野大地, 2 軌道SU(N) 量子気体顕微鏡の設計と開発, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)八神智哉, 散逸下の量子多体系ダイナミクス, 京都大学(高橋義朗)
  • (C02)津森貴大,ユニタリ領域における冷却Fermi気体の体積粘性測定, 東京大学 (湯本潤司)
  • (C02)佐藤龍平,引力相互作用する冷却フェルミ原子気体の等温圧縮率に対する強結合効果,慶應義塾大学 (大橋洋士)
  • (C02)真辺幸喜, 質量・粒子数インバランスを有する極低温Bose-Fermi混合気体の1粒子励起スペクトルの理論研究, 慶應義塾大学 (大橋洋士)

 

学士論文

2018年度

  • (A01)大矢元海,ALICE実験前方ミュー粒子飛跡検出器の分散制御系試験機, 広島大学(志垣賢太)
  • (A01)近藤丈仁,軽いベクトル中間子の質量二準位模型による質量状態変化の検出可能性評価, 広島大学(志垣賢太)
  • (A01)矢崎敬祐,LHC-ALICE実験 √s = 5.02 TeV陽子-陽子衝突におけるEMCalを用いたジェットの再構成及びトリガーの性能評価,筑波大学(中條達也)
  • (B02)吉留勇起, 非束縛中性子過剰核分光のための荷電交換反応の研究, 東京工業大学(中村隆司)
  • (B02)安田聖, ダイニュートロン探索のための高精細中性子検出器の開発, 東京工業大学(中村隆司)
  • (B02)井上南,三体核力研究に向けた陽子-3He弾性散乱のスピン相関係数の測定, 東北大学(関口仁子
  • (B02)宇津城雄太, 三中性子共鳴状態探索のためのMWDCの開発, 東北大学(関口仁子)
  • (B02)坂木重仁,飛行時間測定法を用いた(d,n)反応測定による中性子生成機構の研究,九州大学(若狭智嗣)
  • (B02)浜野友哉,PANDOPA検出器と波形弁別法(PSD法)を用いた中性子識別の研究,九州大学(若狭智嗣)
  • (B02)東聖人,飛行時間測定法を用いた(d,n)反応測定による中性子生成機構の研究,九州大学(若狭智嗣)
  • (C01)尾田直人, 173Ybのスピン交換ダイナミクスの測定, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)高橋敏史, ルビジウム85 原子のマイクロ波分光実験, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)肥後本隼也, 578 nm 光源の作製, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)水上尚人, Lithium gray molasses cooling, Rydberg excitation of Ytterbium atoms, and Erbium spectroscopy for experiments on mixture physics, 京都大学(高橋義朗)
  • (C01)中村智裕, 1)1388nmレーザーの開発, 2)光アコーディオンの実装, 3)Raspberry Piを用いた実験環境データの自動取得, 4)準安定励起状態への断熱励起の理論的考察, 京都大学(高橋義朗)
  • (C02)野田佳那,詳細つり合いの原理を用いた天体プラズマ中の核融合反応率に対するクーロン相関の評価, 高知大学 (飯田圭)
  • (C02)藤江月歩,超新星物質中の巨大な原子核は2フレーバークォーク物質に対して安定か,高知大学 (飯田圭)
  • (C02)山口航,低エネルギー共鳴による12C+12C融合率増加と白色矮星中の炭素燃焼条件,高知大学 (飯田圭)
  • (C02)高嶋一輝,グリーン関数法を用いた超伝導理論, 慶應義塾大学 (大橋洋士)
  • (C02)獨古春輝,場の理論を用いたHall伝導度の理論, 慶應義塾大学 (大橋洋士)
  • (C02)山田晴心, グリーン関数法を用いたアンダーソン局在の理論, 慶應義塾大学 (大橋洋士)