C02班 2019年度国内会議等での口頭発表
 -Presentation in Domestic Conference FY2019-

  1. 飯田圭,「有限クォーク物質の諸性質」,基研所員主催研究会「高塚さんを偲ぶ研究会:高密度ハドロン・クォーク物質の諸相と中性子星の構造・進化」,2019/5/26,京都大学.
  2. 飯田圭,「C02 Group Report」,第二回クラスター階層領域研究会,2019/6/1,東京工業大学.
  3. 堀越 宗一,「様々な量子系に化ける原子・分子」,大阪市立大学理学研究科談話会,2019/6/27,大阪市立大学. 
  4. 真辺幸喜, 大橋洋士,「強相関Bose-Fermi混合原子気体における量子多体効果と熱力学的安定性」,基研研究会 「熱場の量子論とその応用」,2019/9/3,京都大学.
  5. 高橋淳一, 今井良輔, 仲野英司, 飯田圭,「トラップ中のボース・ポーラロンにおける空間構造と量子デプリーション」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/11,岐阜大学.
  6. 河村泰良, 大橋洋士,「非平衡引力フェルミオン系における擬ギャップ現象」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/12,岐阜大学.
  7. 古谷浩一朗, 鏡原大地, 大橋洋士,「相互作用するフェルミ原子気体の量子輸送に対する強結合効果」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/12,岐阜大学.
  8. 佐藤龍平, 田島裕之, 鏡原大地, 真辺幸喜, 大橋洋士,「超流動相における冷却フェルミ原子気体の等温圧縮率に対する強結合効果」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/12,岐阜大学.
  9. 田島裕之, 初田哲男, Pieter van Wyk, 大橋洋士,「冷却原子気体から中性子星へ:非対称核物質における対形成揺らぎと超流動/超伝導相転移」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/12,岐阜大学.
  10. 真辺幸喜, 大橋洋士,「調和トラップ中の冷却Bose-Fermi混合原子気体における光原子分光スペクトル」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/13,岐阜大学.
  11. 伊藤悦子, 飯田圭, 李東奎,「2カラーQCDの低温高密度相におけるトポロジー」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/17,山形大学.
  12. 祖谷元, 飯田圭, 親松和浩,「ズレ振動における中性子星クラスト中パスタの効果とその重要性」,日本物理学会 2019秋季大会,2019/9/19,山形大学.
  13. 堀越宗一,「冷却原子量子シミュレーションのクラウド利用に向けて」,新学術領域「クラスター階層」「量子ビーム応用」合同検出器ワークショップ,2019/9/21,東北大学.(招待講演)
  14. 田島裕之, 初田哲男, Pieter van Wyk, 大橋洋士,「強相関フェルミ粒子系の多体理論:冷却原子気体から非対称核物質へ」,2019年度四国地区理論物理学セミナー「原子核から超新星爆発の世界を探る」,2019/12/7,高知大学.
  15. 田島裕之, 初田哲男, Pieter van Wyk, 大橋洋士,「フェルミ超流動の多体理論:冷却原子気体から中性子星へ」,理研iTHEMS-九大ジョイントワークショップ「数理が紡ぐ素粒子・原子核・宇宙」,2019/12/24,九州大学、福岡市.(招待講演)
  16. 河村泰良, 花井亮, 大橋洋士,「非平衡フェルミ原子ガスにおけるエキゾチックな超流動状態」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/16,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  17. 田島裕之, Yuriy Yerin, Andrea Perali, and Pierbiagio Pieri,「Superconducting fluctuation effects in the multi-band BCS-BEC crossover」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/16,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  18. 堀越宗一,「物質の階層変化および状態変化に伴う普遍的物理」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/16,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  19. 親松和浩, 飯田圭,「非対称核物質の飽和点」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/16,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  20. 大橋洋士,「フェルミ原子ガス超流動の中性子星クラスト領域研究への応用」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/17,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立)(招待講演)
  21. 土居孝寛, 田島裕之, 筒井翔一朗,「複素ランジュバン法によるインバランスを持つ2成分フェルミ原子気体の相構造の研究」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/17,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  22. 筒井翔一朗, 田島裕之, 土居孝寛,「複素ランジュバン法の適用範囲とクーパー対凝縮の関係」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/17,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  23. 飯田圭,「原子核と中性子星で探る高密度物質の性質」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/17,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立)(招待講演)
  24. 畑知宏, 仲野英司, 飯田圭, 藪博之,「スピン自由度をもつ量子不純物系のダイナミクス」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/17,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  25. 古谷浩一朗, 鏡原大地, 大橋洋士,「相互作用するフェルミ原子気体の量子輸送に対する強結合効果II」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/18,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  26. 佐藤龍平, 鏡原大地, 真辺幸喜, 田島裕之, 猪谷太輔, 大橋洋士,「強結合フェルミ原子気体におけるpre-formed Cooper-pair間に現れる2体、3体相互作用効果」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/18,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  27. 真辺 幸喜, 大橋洋士,「強く相互作用するBose-Fermi混合気体における誘導相互作用効果」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/18,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  28. 西村和也, 仲野英司, 飯田圭, 田島裕之, 宮川貴彦, 藪博之,「双極子相互作用する冷却フェルミガス中のポーラロン基底状態II」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/18,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立).
  29. 石黒克也, 飯田圭, 伊藤悦子, 李東奎,「有限密度2カラーQCDにおけるフラックスチューブの性質」,日本物理学会 第75回年次大会,2020/3/18,名古屋大学(現地開催中止、発表は成立)

C02班 2018年度国内会議等での口頭発表
 -Presentation in Domestic Conference FY2018-

  1. 堀越宗一, “趣旨説明”, 日本物理学会シンポジウム 領域1,理論核物理領域,実験核物理領域 量子シミュレーションの最前線:極低温粒子系から探る宇宙・ハドロン・物性物理, 2019年3月14日.(招待講演)
  2. 西村和也, 仲野英司, 飯田圭, 宮川貴彦, 藪博之「双極子間相互作用する冷却フェルミガス中のポーラロン基底状態」,日本物理学会第74回年次大会,2019/3/14-17, 九州大学(福岡市).
  3. 李東奎, 伊藤悦子, 飯田圭「2カラーQCDのカイラル相転移温度と低温高密度領域の相図の決定」,日本物理学会第74回年次大会,2019/3/14-17, 九州大学(福岡市)
  4. 親松和浩, 飯田圭「中性子物質状態方程式の経験的性質」,日本物理学会第74回年次大会,2019/3/14-17, 九州大学(福岡市)
  5. 飯田圭「中性子星と物質の極限状態」,KEK連携コロキウム・研究会エディション,2019/1/14-16, 高エネルギー加速器研究機構(つくば市)(招待講演)
  6. 飯田圭「不純物で探る量子物質の性質」,「量子クラスターで読み解く物質の階層構造」 キックオフシンポジウム,2018/11/19-20, 東京工業大学(東京)
  7. 伊藤悦子, 飯田圭,李東奎「低温度高密度領域における2カラーQCDの相構造」,日本物理学会2018年秋季大会,2018/9/14-17, 信州大学(松本市)
  8. 猪谷大輔,大橋洋士, “軌道フェッシュバッハ共鳴を有する冷却フェルミ原子気体の熱力学的性質,”日本物理学会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月14日-17日.
  9. 佐藤龍平,鏡原大地,真辺幸喜, 猪谷大輔,大橋洋士, “引力相互作用するフェルミ原子気体における圧縮率に対する強結合効果II,”日本物理学会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月14日-17日.
  10. 真辺 幸喜, 猪谷大輔,大橋洋士, “極低温Bose-Fermi混合気体の常流動相における1粒子励起スペクトルの解析III,”日本物理学会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月14日-17日.
  11. 古谷浩一郎, 大橋洋士, “冷却フェルミ原子気体の輸送特性,”日本物理学会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月14日-17日.
  12. 河村泰良, 大橋洋士, “非平衡定常状態にある引力相互作用するフェルミオン系に対する強結合理論,” 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月14日-17日.
  13. 大橋洋士, “Feshbach Resonance and BCS-BEC Crossover in Strongly Interacting Fermi Condensates,” 新学術領域研究「量子クラスターで読み解く物質の階層構造」スクール, 大阪大学吹田キャンパス, 2019年3月7日-9日. (招待講演)
  14. 大橋洋士, “Feshbach resonance and Fermi condensates,” 第3回「物質階層を横断する会」 ~ハドロン・原子核・原子・分子合同ミーティング, 理化学研究所(和光市), 2019年2月12日. (招待講演)
  15. 大橋洋士, Soumita Mondal, 鏡原大地, 真辺幸喜, 佐藤龍平, “Pair formation and quantum many-body phenomena in strongly interacting ultracold atomic gases,” 「量子クラスターで読み解く物質の階層構造」 キックオフシンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2018年11月19日-20日.(招待講演)
  16. 大橋洋士, “超伝導・超流動を中性子星―地上の星から宇宙の謎への挑戦,” 明治大学科学技術研究所公開講演会「超伝導:リニアモーターカーから中性子星まで」, 明治大学生田キャンパス, 2018年10月20日,(招待講演)
  17. 大橋洋士, “フェルミ原子ガスのBCS-BECクロスオーバー領域における強結合物性と中性子星低密度領域への応用,” 千葉大学物理学科セミナー, 千葉大学, 2018年9月28日.(招待講演)
  18. 佐藤龍平,鏡原大地,猪谷大輔,大橋洋士, “引力相互作用するフェルミ原子気体における圧縮率に対する強結合効果,” 日本物理学会, 同志社大学京田辺キャンパス, 2019年9月9日-12日.
  19. 猪谷 太輔, Pieter van Wyk, 大橋 洋士, “超流動フェルミ原子気体における比熱に対する強結合効果, ” 日本物理学会, 同志社大学京田辺キャンパス, 2019年9月9日-12日.
  20. 真辺 幸喜, 猪谷 太輔, 大橋 洋士, “極低温Bose-Fermi混合気体の常流動相における1粒子励起スペクトルの解析II,” 日本物理学会, 同志社大学京田辺キャンパス, 2019年9月9日-12日.
  21. 花井 亮, Alexander Edelman, Peter B. Littlewood, 大橋 洋士, “励起子ポラリトン系における第二閾値の出現およびPT対称な例外点周りのクロスオーバー現象,” 日本物理学会, 同志社大学京田辺キャンパス, 2019年9月9日-12日.