新学術領域「クラスター階層」「量子ビーム応用」合同検出器ワークショップ

昨年度から、2つの新学術領域研究「クラスター階層」および「量子ビーム応用」が進められています。これらの新学術研究において重要な位置をしめる検出器・実験装置の技術に関して、両領域の間での情報交換や研究協力を目的とした研究会を以下のように開催します。
領域関係者以外の方のご参加も大歓迎です。口頭発表は領域関係者に限らせていただきますが、ポスター発表は領域外の方も大歓迎ですので、ぜひ学会後に仙台にお立ち寄りください。(山形から仙台へは高速バスが便利です。)

日時: 2019年9月20日(金) 16:00(山形学会最終日) ~ 9月21日(土)  15:00頃
場所: 東北大学理学研究科青葉サイエンスホール
   仙台市地下鉄青葉山 下車 徒歩3分)

プログラム:
9月20日(金)  16:00~(山形学会最終日)
      16:00~16:45  ・新学術領域「クラスター階層」の紹介  中村隆司(東工大)
      16:45~17:30  ・新学術領域「量子ビーム応用」の紹介  高橋忠幸(東大IPMU)
                      17:30~20:00  ・ポスターセッション※ (懇親会を兼ねる) 
                                                ※ポスターセッションは、領域関係者以外の発表も大歓迎です。
9月21日(土)  9:00~12:00,  13:00~15:00頃
                     各領域からの検出器・実験装置に関する話題を紹介(プログラムは後日掲載いたします。)

参加費:スタッフ3,500円、学生2,500円

参加申し込み:9月10日まで
       申し込みはこちらから。

世話人:
中村隆司(東工大理)、近藤洋介(東工大理)、田村裕和(東北大理)
高橋忠幸(東大IPMU)、中村哲(東北大理)