Locked History Actions

Diff for "Scientific Linux/起動しない"

Differences between revisions 3 and 4
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 2: Line 2:
 . VMware Player 上の Scientific linux 6.3 (64bit) がいつの間にか起動しなくなった。具体的には以下の画面で止まる。
  .{{attachment:stop.png}}
 * '''起動途中で止まる'''
 
. VMware Player 上の Scientific linux 6.3 (64bit) がいつの間にか起動しなくなった。具体的には以下の画面で止まる。
   .{{attachment:stop.png}}
 * '''対処'''
  . 結局、/etc/X11/xorg.conf の vmwlegacy を vmware に変更。これで再起動するとうまくいった。
   .{{{
Line 5: Line 9:
=== 原因究明のおぼえがき ===
 .
}}}

=== 原因究明の軌跡 ===
 * '''sevice の起動失敗?'''
  . Linux のブートをスタートすると、いろいろなサービス(デーモン?)が順番に起動されるが、そこで止まっていないかをまず確認する。通常の起動画面は下図のように、なんのサービスが起動しているかは表示されない。
   .{{attachment:esc1.png}}
  . そこで、上の画面のときにキーボードの Esc キーを押すと、下図のような画面に切り替わり、どんなサービスが立ち上がっているのかを順番に確認することができる。
   .{{attachment:esc2.png}}
  . 結局、下図の画面で止まる。これより、certmonger というサービスで止まっているんじゃないかと疑う。
   .{{attachment:esc3.png}}
  . よって、試しに certmonger を起動しないようにする。具体的には、VMware Player 上の Linux を再起動後、さきほどのバーが出る画面で Esc キーを押し、すぐさま shift + i キーを押す(うまくいかない場合、shift + i を連打してみる)。そうすると、下図のように各々のサービスを起動するか否かを選択できるモード (Interactive mode) になる。とりあえず、certmonger のみを起動しないようにしてみたが、やはり起動の途中で止まる。他のサービスをいろいろ切ってみても、やはり起動しない(下図参照)。よって、サービスの問題ではなく、サービスの起動後に始まる X window system の起動に問題があるのではないかと疑う。
 * '''シングルユーザーモード'''
  . X window system に問題があるとしても、起動が途中で止まるので、確認のしようがない。そこで、シングルユーザーモードで起動を試みる。シングルユーザーモードとは、起動後に root user としてログインしたような状態となるモードであり、多くのサービスが起動されない。具体的には、下図の画面で 何かキーボードのキーを押す。
  . 下図の画面に切り替わるので、通常使用するイメージを選択状態にし、キーボードの e キーを押す。そうすると、下図の画面に切り替わる。
   . {{attachement:grub1.png}}
  . kernel の部分を選択状態にし、再び e キーを押す。
   . {{attachement:grub2.png}}
  . 下図のように、文末に single と追記し、Enter キーを押し、 b キーを押して、シングルユーザーモードでの起動を開始する。
   . {{attachement:grub3.png}}
  . そうすると、下図のようにコンソールに行きつく。
   . {{attachement:single.png}}
  . ここで試しに # startx コマンドでそうすると、下図のようにコンソールに行きつく。
   . {{attachement:single.png}}


 * '''シングルユーザーモード'''




X window system に問題があるとしても、起動が途中で止まるので、確認のしようがない。そこで、シングルユーザーモードで起動を試みる。シングルユーザーモードとは、起動後に root user としてログインしたような状態となるモードであり、多くのサービスが起動されない。具体的には、下図の画面で 何かキーボードのキーを押す。


Scientific Linux/起動しない

  • 起動途中で止まる

    • VMware Player 上の Scientific linux 6.3 (64bit) がいつの間にか起動しなくなった。具体的には以下の画面で止まる。
      • stop.png

  • 対処

    • 結局、/etc/X11/xorg.conf の vmwlegacy を vmware に変更。これで再起動するとうまくいった。

原因究明の軌跡

  • sevice の起動失敗?

    • Linux のブートをスタートすると、いろいろなサービス(デーモン?)が順番に起動されるが、そこで止まっていないかをまず確認する。通常の起動画面は下図のように、なんのサービスが起動しているかは表示されない。
      • esc1.png

    • そこで、上の画面のときにキーボードの Esc キーを押すと、下図のような画面に切り替わり、どんなサービスが立ち上がっているのかを順番に確認することができる。
      • esc2.png

    • 結局、下図の画面で止まる。これより、certmonger というサービスで止まっているんじゃないかと疑う。
      • esc3.png

    • よって、試しに certmonger を起動しないようにする。具体的には、VMware Player 上の Linux を再起動後、さきほどのバーが出る画面で Esc キーを押し、すぐさま shift + i キーを押す(うまくいかない場合、shift + i を連打してみる)。そうすると、下図のように各々のサービスを起動するか否かを選択できるモード (Interactive mode) になる。とりあえず、certmonger のみを起動しないようにしてみたが、やはり起動の途中で止まる。他のサービスをいろいろ切ってみても、やはり起動しない(下図参照)。よって、サービスの問題ではなく、サービスの起動後に始まる X window system の起動に問題があるのではないかと疑う。
  • シングルユーザーモード

    • X window system に問題があるとしても、起動が途中で止まるので、確認のしようがない。そこで、シングルユーザーモードで起動を試みる。シングルユーザーモードとは、起動後に root user としてログインしたような状態となるモードであり、多くのサービスが起動されない。具体的には、下図の画面で 何かキーボードのキーを押す。
    • 下図の画面に切り替わるので、通常使用するイメージを選択状態にし、キーボードの e キーを押す。そうすると、下図の画面に切り替わる。
      • attachement:grub1.png

    • kernel の部分を選択状態にし、再び e キーを押す。
      • attachement:grub2.png

    • 下図のように、文末に single と追記し、Enter キーを押し、 b キーを押して、シングルユーザーモードでの起動を開始する。
      • attachement:grub3.png

    • そうすると、下図のようにコンソールに行きつく。
      • attachement:single.png

    • ここで試しに # startx コマンドでそうすると、下図のようにコンソールに行きつく。
      • attachement:single.png

  • シングルユーザーモード

X window system に問題があるとしても、起動が途中で止まるので、確認のしようがない。そこで、シングルユーザーモードで起動を試みる。シングルユーザーモードとは、起動後に root user としてログインしたような状態となるモードであり、多くのサービスが起動されない。具体的には、下図の画面で 何かキーボードのキーを押す。